キナバル下山後④_8月29日(最終)

投稿者:

さあて。朝だ。

IMG_8761

隣のベッドに寝ている中国の人とおはようの挨拶を交わす。

やたら旅慣れている人で気さくに話しかけてきてくれてすぐに仲良くなった。

彼はこれからブルネイに行くらしい。良い旅を。

連絡先を交換して、僕はホテルをチェックアウトした。

IMG_5468

なぜか壁が赤い。

まずはお腹が減ったので朝ご飯を食べよう。

IMG_5470

まだ朝早いので人通りが少ないな。

IMG_5472

このお店はどうだろう?う〜ん、パスだな。

 

IMG_5473

大通り。通勤の車だろうか。活気があって賑わっている。

IMG_5478

IMG_5479

ここもパスだな〜。

IMG_5480

おっ、ここなんか良さそう。

タクシーの運転手さんや地元の人らしきお客さんも一杯いる。これは当たりなきがする。

 

IMG_8766

だいたいのお店がこういう風に入り口がなくオープンスペースなので入りやすい。

IMG_5481

番号で注文。

IMG_8765

頼んだのはチキンカレー。

朝からカレーとはなかなか重たいがこれが意外に凄く美味い。しっかりコクがあっていわゆる香辛料だけのスープカレーをイメージしていたけど日本人の口にも良く合う。

カレーとか食べるのはなんかベタだなあ、と避けていたのだがどうやら間違いだったようだ。

さて、お腹も満足したことだし今日も相変わらずノープラン。

ガイドブックを見ながらどうするかを考える。

海に行くのもいいなあ。

んー、モスク(イスラム教の協会)が結構近くにあるんだな。イスラム教徒でなくても観光できるみたいだな〜。

よし、モスクに行ってみよう。

タクシーは街の至る所で拾えるので困らない。

しかし今回乗り込んだタクシーの運転手さんは動物園の時と違ってえらく無愛想で全くしゃべらない。

日本と同じでそりゃ人それぞれか。

タクシーから街を見ていると軍隊の人たちが目に入った。ちょうど今日は何かの行事をやっているようでその横を通りすぎたのだ。

IMG_8777

IMG_8778

戦車が街中を走っていた。

それにしてもこのダッシュボードの上のファサ〜としたやつ、マレーシアにもあるのね。

IMG_8783 ついた!宮殿みたいな建物!

早速中へ入ろうとすると僕の前の観光客が入り口で止められた。

何やら格好がダメらしい。肌が出過ぎ?

ここは神聖なイスラムのモスク。郷に入っては郷に従う。

IMG_8781

服装を整えないと中に入れないよーっていう看板らしい。

というわけで

IMG_8788

まさかの石油王がいますね。入り口の売店で衣装をレンタルできるのです。

IMG_5509

さて、それでは堂々と中に入るとしよう。

IMG_8795

ロビー。

 

IMG_8817

すごく広い。体育館に立っているような感覚になった。

IMG_8806

天井にもロビーと同じ模様が。

IMG_8802

僕が入れるのはここまで。ここから先は本当のムスリムの方でないと踏み入れる事は許されない。

さて、神聖な気持ちになったところで街に戻りますよ。

帰りのタクシーもやはり無口な運転手さんとはほぼ会話をかわしていない。

街に帰ってきたらちょうどお昼時。今日のお昼は決めているのだけどその前に少し街をうろうろ。

IMG_5484

路地裏。ちょっとびくつきながら歩いた。

IMG_5487

IMG_8773

これはなんだろう。日本で言うお地蔵さんとか道祖神のような物かな。

IMG_5502

初日に見て気になっていた海沿いのレストランに到着!僕は腹が減っているのだ。

IMG_8833

日本語でレストランと書いてあるくらいだから観光客向けのお店。という事はちょっと高めの金額になる気がするが海老が食べたい。蟹も食べたい。

IMG_8837

店に入るといきなりたくさんの水槽が待ち構える。

システムがよくわからなかったのだが、どうやらこの水槽から食べたい食材を選んでそれを料理してくれるらしい。

しかし、やはり高い。しかも何やら量の下限が決まっているようで一人前という注文はほぼ出来ないみたい。蟹なんて1kgからだって。

なんてこった。危うく店を出ようかと思ったが、ここまで来たら食べてしまおう。

比較的値段が安い海老とチャーハンを注文。

で、出てきたのがこれ。

IMG_5541

IMG_8834

余裕で三〜四人前じゃねえか。

しかもちょっといいレストランなので僕の真後ろにピッタリとボーイさん?が貼り付いてフィンガーボウルやお水を入れてくれたり世話を焼いてくれる。

IMG_5543ちょっと時間が早かったせいもあり、客はまだ僕一人。(右に座っているのは店員さん)

すごく気まずい。

その空気の中ひたすら海老を剥いてもくもくと食べる。

絶対この後ろの人、あ〜、この日本人なんで一人で来ちゃったんだろ、って思ってるよ。

IMG_5536

レストランとデッキはつながっていて海を眺めながら食べる事ができる。

IMG_5538

IMG_5530

うん。海きれい。

それでも海老はなんとか食べきった。チャーハンはさすがに全部は無理だったが・・・。

会計もやはり地元のお店で食べるより何倍もかかってしまい、ちょっとの後悔を残し退店。まあ、これも勉強だ。

お腹も膨らんだ事だし今日のお宿を探しそう。

最後の日だし今日はゲストハウスじゃなくて普通のホテルに泊まろう。

ぶらぶらと街を歩きながら街の中心部へ。

IMG_5560

ここは奥に入ると乾物やお土産など色々なお店が入っている。

しかし中に入るのはなかなか勇気が必要。

IMG_5563

IMG_5573

IMG_5565

乾物だらけ。

IMG_5557

このミシンいいな。

IMG_5570

 

IMG_5574

街に戻ってきた。

IMG_5575

このあたりまで来ると手頃な値段のホテルはごろごろしている。

目についたホテルに入る。特に理由はないけど強いて言うなら壁に虹が描いてあったから。

チェックインして部屋に入るとトイレも付いてるし、シャワーも付いてる!(当たり前と言えば当たり前か)

部屋で少しテレビを付けてみた。

マレーシアの恋愛ドラマらしき物をやっている。何を言っているかは分からないが映像だけを追う。

イケメンがヒロインらしき女性に告白。

ヒロインは他に気になっている人がいるのかとまどっている。

イケメン、返事は今じゃなくていいよ!的な感じでヒロインから去ろうとする。

その時まさかのヒロイン目の前でトラックにひかれてイケメンは帰らぬ人に。どんな展開だよ。

お土産をおみやゲットし、ホテルでうだうだしているともう夜に。今夜はナイトマーケットへ出かける。

IMG_5580

IMG_5583

IMG_5587

あれ?まだ準備中か。

では先にご飯食べよう。昼に食べ損ねたので蟹が食べたくて仕方がない。

ナイトマーケットのすぐそばでフードコートのようにお店がたくさん集まっているところがあった。

どんな感じかな〜と思ってちょっと覗くとすぐにお店の人につかまり席に座らされた。まあいいか。

IMG_5588

オープンスペースでビヤガーデンのような雰囲気。

IMG_5590

ふむ。美味しいそうな物がいっぱいある。

メニューを見て迷わず蟹と朝に食べたのが美味しかったので再びカレーを頼んだ。

IMG_5593

ライチジュース。

IMG_5595

カレー。これもやはり美味しかった。

IMG_5599

念願の蟹!やっと!ちょっと高かったけど最後の夜だし!

しかし、この蟹。僕が食べるのが下手なのか見た目の割に食べられる部分が少なくてちょっと拍子抜け。

ご飯の後はもう一回ナイトマーケットへ。

IMG_5607

IMG_5602

う〜ん。正直あんまり買うものないなあ。

夜のコタキナバルをトボトボと歩いてホテルに帰る。

明日はかなり朝早い時間の飛行機なので早めに就寝。

翌朝クアラルンプールで鬼のような待ち時間を得て日本へと帰った。

 

今回、キナバルにも無事に登る事も出来たし、オランウータンも見る事ができた。うまい物もいっぱい食べたし、なんとか一人で手配に始まり無事に帰ってくる事ができたので目的は果たせたといえよう。

これを書いている今でもあの時の海老やバクテーの味に想いを馳せてよだれがでそになる。

また絶対に行く。

 

 

 

 

 

 

 

主にツイッターにいます→@kenihare 無言フォロー嬉しいです。