合理的な話

投稿者:

この間、喫茶店で隣に座っているサラリーマンが腕時計をしていた。

それはもちろん普通の事。しかし、ただ腕時計をしていただけではない。

その人はシャツの上から腕時計をしていたのだ。

h_150614_01

はっきり言ってしまうとちょっとそれどうなの?という見た目だ。

しかし、同時にあー、なるほど!と目から鱗が落ちる思いも正直あった。

僕の中で、シャツの上から腕時計をしてもオッケー!(ローラ)という発想はなかったからだ。

合理的。そうした方が確かに袖に邪魔されることなくスムーズに腕時計が見えるではないか。(まあ、きちんと袖の長さのあったシャツを選べ、といえばそれまでだが)

しかし、やはり見た目の違和感は拭えない。アレみたい。最近見ないし名前はわからないけど袖につける金属のバンドみたいなやつ。

h_150614_02

おそらくその人自身も見た目がちょっと・・・という事は分かっているのだろう。

それでも腕時計が見やすい方法を選んだというその選択と行動に僕はちょっと感心したのだ。

しかし今まで自分が信じてきた事、思い込んでいたものは本当にそれがベストなのか。

以前、部活の指導などで、水は飲まずに頑張れ、うさぎ跳びで足腰を鍛えろ、というたぐいの根性論のような話が覆って、実は逆効果だという事が分かった事とか。

h_150614_03

実際にそれをやらされてた人たちにとっては何だそりゃ!?って話でしょ。

盲目的に信じられてきた価値観や常識がもろくも崩れてしまうのって、どんでん返しのようで結構個人的に衝撃を受ける。

たまには常識や固定観念をたまには疑う事も大事なことではないか。

色々な情報を自分で判断し、取捨選択していかないといけない最近は、便利であると同時に、大変な事だなとも思う。

主にツイッターにいます→@kenihare 無言フォロー嬉しいです。