おばけ階段を攻略する。

投稿者:

幽霊の正体見たり枯れ尾花。

これは良く聞くフレーズ。幽霊だと思ってビックリしたがよく見るとススキだった、ということわざですね。冷静に観察してみると平凡なものであったということを表しています。

さて、ライトなオカルトが大好物な僕は、常日頃そういったたぐいの情報を探しているのです。

今回、注目したのは「おばけ階段」と呼ばれる階段が都内にあるという情報。

登りの段数と下りの段数がなぜか変わってしまう、という恐ろしい怪現象が起きるとの事。

こりゃあ、ちょっと実際に調べてみなければなりませんね。うずうず。

どうせなら夜。という事で仕事帰りに。

やってきたのは文京区の根津駅。

情報によると、ここから歩いて数分でおばけ階段にたどり着くらしい。

改札を出た感じではいたって普通の街なんですけどね。ホントにここに怪現象があるのでしょうか。

あらかじめ階段の場所はチェックしていたので早速向かいます。

普通の住宅街でもおばけ階段に向かう身としては何でも怖く思える。

あれ?思ってたより遠いな。

唐突に路面電車が!?かつてここは「池之端七軒町」という都電停車場だったらしい。

しかしここで不思議な事が・・・。

なんと目的地にどうやっても着かないのです。

これはもしかして、行くなとご先祖様が止めているのでしょうか・・・。

いや、これは・・・

ただの迷子ですね。

いつもざっくりで地図を見ちゃうので全く違う方向に行ってしまう事が多々あるのです。学習しない大人なので。

仕方なく文明に頼ります。

おお、普通に地図にお化け階段が出てきましたよ!そんなにメジャーなのか。

そして、やはり真逆に行っていました。どうやらおばけ階段の魔力は方向感覚をも狂わせるようです。

そこから歩く事数分。

閑静な住宅街の中を歩きます。なぜか人の気配がなく静かです。閑静だからでしょうか。

青い服の人はお化けではありません。

はい。やっと着きました。ここがお化け階段です。

下から見上げます。

なかなかおどろおどろしい雰囲気が漂っていますね。

途中で曲がっているのも頂上が見えなくて不気味さを増しています。先が見えない恐怖ってありますよね。人生も。

恐る恐るですが検証してみましょう。

段を数えながら登ってみます。

い〜ち、に〜い、さ〜ん・・・

じゅうはち、じゅうく・・・

階段の頂上に着きました。

その段数は40段でした。

覚えておいてください。

登りは40段ですよ。

では次は下ってみます。

じゅうさん、じゅうよん、じゅうご・・・

・・・さんじゅうきゅう・・・

ん?39?

ふわああああ!39段しかねえ!!!

化かされているのでしょうか?今ぼくの頭の上には葉っぱでも乗っているのでしょうか?

確認のためもう一回上り下りをしてみます。

階段の周りは完全に住宅。

やはり登りが40段、下りが39段。

数が合わねえ!

 

だがしかし。ちょっと冷静になってください。

僕は冒頭でも言いましたよね。

正体見たり枯れ尾花と。

ここは、引っ張らないでネタバレしちゃいます。

一段目にご注目。

異常に低い。地面と高さの差がほぼない。

実はこれがおばけ階段のからくりなのです。

どういうことかと説明しますと、

まず、この登りの一段目。

これは普通の感覚として1とカウントしちゃうんですよ。

続いて下りの最後の一段。

この最後の一段を地面と勘違いしてカウントが抜けるんです。

という訳で、登りが40段、下りが39段になってしまうという事でした。

知ってしまうとな〜んだ、というオチなのです。

しかし人間の感覚というのは、いかにあてにならないのか。不思議ですね。

 

まだ帰りません。

さて、これで帰ってしまうとそれこそもったいないお化けが出ます。

どうせならここで怪談を聞いてみたいと思います。

そう、

階段で怪談なのです。

普通に聞くより怖く感じのるか?

ぜひ試してみたいと思います。

ここでYouTubeにストックしてある怖い話(朗読とか結構あるんです)を聞いてみます。

※YouTubeとカメラ機能を同時に使えなかったのでこの辺の写真はイメージです。

ほうほう、夜中のプールでびしょ濡れの・・・。

なにやら黒い影が・・・。ふわあああ・・・。

こんなもん、どこで聞いても怖いもんは怖いわっ!

 

最後に

よく、点が三つあれば顔として認識できると言います。

撮った写真にたまたま点らしきものが三つあればそれでもう心霊写真の出来上がりという訳です。

結局、世の中の九割の心霊現象って実はそんなものだと思います。

しかし、僕はそれを楽しむ(怖がる)心をいつも持っていたいなと思っているんです。

ん?残りの一割?それは・・・ね。

 

天気予報は晴れだったのに撮影していたら急に雨が降ってきました。なんだったんでしょう・・・。

主にツイッターにいます→@kenihare 無言フォロー嬉しいです。