映画にこなれてる人にちょっとなりたい

投稿者:

すごく近所に小さな映画館がある。徒歩5分くらい。映画通の間では結構有名な映画館らしい。

いわゆる単館系と言われる映画館だ。恵まれた環境である。

h_150610_05

ふと通りがかりで現在やってる上映作品をみると、ちょうど見たかった映画をやっていた。

始まるまであと10分。しかもラスト1本は800円という値段になるのだ。安い。早速入る。

映画館ではいつもトイレの位置を気にしてしまう。ナチュラルボーン頻尿なので上映中に行かざるを得ない場合を想定。できるだけ迷惑にならないようスムーズにトイレに行ける位置を探して陣取ることに。

キョロキョロ見渡して思案したあげく出口に近い一番後ろの端っこに座る。必然。小さな映画館なので一番後ろでも十分満足に見えるだろう。

いざ座ろうとするとジュースを入れる肘掛のトレーに折り畳みの傘が置いてあったのに気づいた。

h_150610_01

さっきまでこの席に座っていた人が忘れていったのだろう。忘れものですと、映画館のスタッフさんへ渡しておいた。

h_150610_04

上映まであと3分というところでワクワクしていると、ふいに後ろから女性に話しかけられた。

h_150610_02

「えっ!?」

さっきの傘は席取りの意味だったのか。てっきりわすれものかと思ったのだが、この映画館の仕組みは入れ替え制ではなく一度お金を払って中に入ったら見放題という事を忘れていた。

まあ見放題といっても一日二本だけを順繰りにやっているから無限に見る人は少ないとは思うが。

h_150610_03

すいませ~ん、と謝りつつあわてて別の席に移った。

そういえば傘を渡した時に少しスタッフの人が変な顔してた気がする。言ってくれてよかったのに。

 

 

・・・映画は予想していた以上に面白かった。

比較的安い値段でこんなに非日常が味わえるのだから映画とか本とかってやっぱりすごくいいものだと思う。

ところでこのような単館系の映画館はシネコンとはやはりちょっと違う客層のような気がする。

流行やその時期にやっている映画とかは全く関係のないセレクトなので純粋に映画好きの人たちが集まるのだろう。

h_150610_06

なんか映画通の人はこなれてる感じの人が多い。

まず席についてのリラックス感が違う。

僕なんかは隣に知らない人が座ると肘があたらないようにとか、あれっ?右と左の肘掛けどっちが自分の肘掛け?とか、なんだかそわそわしてしまうのだが、こなれている人は靴下まで脱いでしまいそうなくらいのリラックス感を醸し出している。このあたりは経験値の差か。

他にはこれはもしかしたら賛否両論あるかも知れないが、いつも印象的なのが映画の最中、良く笑う事だ。

たとえば映画の中でさりげないアメリカンジョークが出てきても僕はだいたい無意識にスルーしたりする。

でも、こなれてる人は違うのだ。えっ?今の笑うとこ?みたいなとこでもしっかり拾う。小さなジョークやセリフでも普通に声を出して笑ったり。

映画を心底楽しんでいる感じがしてなんだか好感がもてる。

あと、エンドロールが終わって明るくなるまで席をたたない。

シネコンだとエンドロールまで見ないで帰っちゃう人が多い印象。これはあくまで主観だけど。

なんとなくエンドロールまでが映画だろ、という気持ちがある。勿体ないという思いもあるのかもしれない。

話はそれるけど昔、ラーメンを食べる時はスープまで飲み干すのが礼儀だろ、と思っていた時期もあった。麺だけがラーメンじゃないだろと。今はほぼ残すけど。

せっかくだから自分もこなれてる人になりたいものだ。いや意識した時点でこなれてないのか?よく分からなくなってきた。

 

ちなみにやはり僕は上映中に我慢できずトイレへ行った。

h_150610_07

戻ってきたら、

h_150610_08

トイレに行く前とガラッと違う展開になっていた・・・

どうやらかなり大事な所を見逃したらしい。うん、よくある。

主にツイッターにいます→@kenihare 無言フォロー嬉しいです。