ご飯と味噌汁、カレーもおかわり自由です。

投稿者:

今日、とある出来事が起きたので記しておきたい。

お昼に何を食べようかと迷うのが嫌なので、ある程度ルーチンが決まっている。本日はよくある居酒屋チェーン店Aの順番だった。

僕は常々、居酒屋ランチがコスパ最強だと言ってきた。できればチェーン店でなく個人店の方が美味しいが会社の近くにないのでしかたない。

ただ、Aはご飯と味噌汁がおかわり自由、そしてカレーもかけ放題という優れたパフォーマンスを誇るのでルーチンに入っている。

店に入ると一人なので横に長いカウンターへ通された。一番安い唐揚げ定食を頼む。だいたいいつもこれだ。

僕が食べ始めた時、隣に一人の若い女性が定員さんに案内されて座った。
なんだかチェーン店に不似合いな綺麗な人だった。その人は少し迷った末に日替わり定食を注文する。

注文した際に外国人の定員さんがおかわりについて説明してくれる。たどたどしい日本語でおかわりはセルフサービスであること、カレーも味噌汁もあると言っている。

僕は最初のご飯を食べ終え、おかわりしようと茶碗を持って席を立った。
おかわりコーナーで業務用の炊飯器からご飯をよそう。

その時、先ほどの綺麗な女性が僕の後ろに並んだ。

えっ?と思って女性の席を見る。日替わり定食はまだきていない。

なぜ、この女性はおかわりコーナーに並んでいるのか。

もしかして、ご飯、味噌汁は完全にセルフサービスと勘違いしたのかなと思った。

店員さんの日本語が聞き取りにくかったのかもしれない。もちろん定食には最初からご飯、味噌汁は付いている。

おかわりの定義とは?考えざるを得ない。

しかし、他のパターンも考えられる。

この人はカレーが大好きで取り急ぎカレーが食べたかったのかもしれない。定食にご飯、味噌汁がついてくるのを知った上でだ。

もし前者の場合で勘違いをしているのならば、教えてあげた方がいいのかもしれない・・・。

しかし、知った上での事だったらかなり余計なお世話になる。
それにお腹が減っていたら一刻でも早くカレーが食べたくなるのもわかる。

迷った末に僕は声をかけずに席に戻った。既成概念にとらわれない方が良い。
いろんなおかわりもあるだろう。

ただ、正直に言ってちょっと綺麗な人だったから声をかけるのに躊躇したところもある。ヘタレなのだ。ナンパもしたことがない。

その女性は普通にご飯を盛り、カレーをかけて隣に戻ってきた。まだ日替わり定食は来ていない。

僕はゆっくりご飯を食べている。隣の女性は茶碗一杯のカレーを食べ終えた。カレーだけなのでそりゃ早い。

その女性は茶碗を持って再び席を立った。今度は本当のおかわりだ。まだ日替わり定食はきていない。

女性が席に戻って来た。茶碗には普通盛りでカレーがかけられている。まだ日替わり定食はこない。少し時間がかかるメニューのようだ。

僕は箸を止めしばし考える。

やはりこの女性はカレーが大好きなのだな、と。

しかし、だ。

この方、すでに茶碗一杯のカレーを食べていて現在二杯目のカレーを食べている。

ここに日替わり定食としてさらにご飯が運ばれてくるのだ。合計で普通盛りのご飯が三杯である。なかなかの量だ。

外見のイメージと違い、昼からがっつり食べる人なんだなと思っていた。むしろそのギャップは好印象ではないか。

僕が自分の分を食べ終え、伝票を持って立ち上がろうとしたその時、女性の日替わり定食が運ばれてきた。もちろん、ご飯も味噌汁もついている。

女性の動きがピタっと止まる。金縛りにでもかかったように目を見開いてお盆にのったご飯を凝視していた。

やっぱそっちか・・・。

あの時、僕に少しの勇気があればこの悲しい事態は避けられたかもしれない。

多分ないけど同じようなシチュエーションになったら今度は教えてあげよう。

未然に事故を防げなかったことを悔やみつつ、僕は伝票を掴んでレジに向かったのだった。

主にツイッターにいます→@kenihare 無言フォロー嬉しいです。